推定のためのサンプルサイズの概要

推定のためのサンプルサイズを使用して、平均、標準偏差、分散、比率、ポアソン率、またはポアソン平均の信頼区間について特定の誤差幅を達成するために必要なサンプルサイズを推定します。反対に、採用するサンプルサイズにもとづいて誤差幅を推定することもできます。

たとえば、ある電機会社の分析者が、回路基板で使用される抵抗器の新しいラインの平均電圧を推定する分析を実行する前に、推定のためのサンプルサイズの計算を使用します。分析者は、95%の確信を持って母平均の5ボルト以内にある平均を推定するために必要なサンプルサイズを調べたいと考えています。

この分析の場所

推定のためのサンプルサイズの計算を実行するには、統計 > 検出力とサンプルサイズ > 推定のサンプルサイズを選択します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください