推定のためのサンプルサイズの例

ある電機会社の分析者が、回路基板で使用される抵抗器の新しいラインの平均電圧を推定する分析を実行する前に、推定のためのサンプルサイズの計算を使用します。分析者は、5の誤差幅を達成するために必要なサンプルサイズを知りたいと考えています。以前の分析に基づき、標準偏差は22.5とします。

  1. 統計 > 検出力とサンプルサイズ > 推定のサンプルサイズを選択します。
  2. パラメータで、平均 (正規)を選択します。
  3. 計画値で、標準偏差に「22.5」と入力します。
  4. 信頼区間の誤差の端に「5」と入力します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

抵抗器の平均電圧を推定する際に、5の誤差幅を達成するには、81のサンプルサイズを収集する必要があります。

推定のサンプルサイズ

方法

パラメータ 平均 分布 正規 標準偏差 22.5 (推定) 信頼水準 95% 信頼区間 両側
結果 サンプル 誤差の幅 サイズ 5 81
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください