プラケット-バーマン計画の検出力とサンプルサイズの概要

プラケット-バーマン計画の検出力とサンプルサイズを使用して、検出力、反復の数、効果の規模、および中心点の数の間の関係を調べます。これらの計算は、次の理由で使用します。
  • 計画実験のデータを収集する前に、許容範囲の検出力を達成するために十分な数の反復が計画に含まれていることを確認します。
  • 計画実験の後は、計画実験で実験をもっと実行する必要があったかどうかを評価します。

この分析の場所

Plackett-Burman計画で検出力とサンプルサイズの計算を実行するには、統計 > 検出力とサンプルサイズ > Plackett-Burman計画を選択します。

他の分析を使用する場合

Minitabでは、以下に示す計画タイプの場合に計算も実行します。

これらの計画タイプについての詳細は、実施要因計画と一部実施要因計画を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください