一般完全実施要因計画の検出力とサンプルサイズの方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

検出力の計算

検出力の計算

検出力
誤差に対する自由度
非心パラメータ

表記

用語説明
k1k – 1
k水準数が最も大きい因子の水準数
α有意水準
f k1, k2, s 自由度がk1およびk2の中心F分布の逆累積分布関数をsの位置で評価したもの
k2誤差に対する自由度
n1実験の合計実行数
n2

ブロック化されていない計画: 0

ブロック化されている計画: ブロック数 – 1

n3モデル内のすべての要因項の自由度の合計
β非心パラメータ
n水準数が最も大きい因子の各水準でのサンプルサイズ
δ最大差
σ標準偏差

反復数と最大差の計算

検出力と最大差の値を指定すると、反復数が計算されます。検出力と反復数の値を指定すると、最大差が計算されます。Minitabでは、水準数が最も大きい因子の結果を報告することにより、控えめな結果が提供されます。

これらの2つの場合では、検出力の式と繰り返しアルゴリズムが使用されます。各繰り返しのたびに、指定した反復数または最大差の値に対する検出力が評価されます。指定しなかった値には、Minitabによって評価する値が選択されます。指定した値およびMinitabによって選択された値が目標の検出力を達成するとアルゴリズムは停止します。

目標検出力と実際の検出力

検出力の値を指定したときに、目標検出力になる整数の反復回数がない場合があります。そのような場合、Minitabでは、検出力の目標値と共に、指定した内容で到達可能な実際の検出力も表示されます。実際の検出力は目標検出力より大きく、目標検出力に最も近い値です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください