2サンプルtの検出力とサンプルサイズの方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

検出力の計算

これらの計算は、非心パラメータλのt分布に依存します。

非心パラメータ

片側検出力(H1: μ 1 > μ 2

検出力 = 1 – t(tα; v, λ)

片側検出力 (H1: μ 1 < μ 2)

検出力 = t(–tα; v, λ)

両側検出力 (H1: μ 1μ 2)

検出力 = 1 – t(tα/2; v, λ) + t(–tα/2; v, λ)

表記

用語説明
λt分布の非心パラメータ
δ2つの母平均間の差
σ標準偏差
n各サンプルのサンプルサイズ
t(x; v, λ)自由度v、非心パラメータλのt分布のCDFをxの位置で評価したもの
t α 片側棄却値(自由度νのt分布の上側αの点)
t α/2両側棄却値(自由度νのt分布の上側α/2の点)
v誤差に対する自由度 = 2n – 2
λt分布の非心パラメータ

サンプルサイズと差の計算

検出力とサンプルサイズの値を指定すると、差の値が計算されます。検出力と差の値を指定すると、サンプルサイズの値が計算されます。

これらの2つの場合では、検出力の式と繰り返しアルゴリズムが使用されます。各繰り返しのたびに、試行サンプルサイズまたは試行差の値に対する検出力が評価され、それが指定した値に達すると停止します。

目標検出力と実際の検出力

サンプルサイズを計算するとき、目標検出力になるサンプルサイズの整数値がない場合があります。そのような場合は、検出力の目標値と実際の検出力が併せて表示されます。実際の検出力は、整数のサンプルサイズに対応する値で、目標値より大きく目標値に最も近い値です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください