1分散の検出力とサンプルサイズの例

材木置き場の責任者が、梁を100cmの長さに切断する製材機械の性能を評価したいと考えています。マネージャは、機械の変動性を特定するために1サンプルの分散検定を実行しようとしています。

責任者は、1サンプルの分散検定のためのデータを収集する前に、検出力とサンプルサイズの計算によって、サンプルサイズが50および100で、比較標準偏差と仮説標準偏差の間の0.8の比率を検出するときに検定の検出力はどれだけになるかを調べます。

  1. 統計 > 検出力とサンプルサイズ > 1サンプルの分散を選択します。
  2. サンプルサイズに「50 100」と入力します。
  3. に「0.8」と入力します。
  4. OKをクリックします。

結果を解釈する

0.8の比を検出する場合、サンプルサイズ50で0.539の検出力、またサンプルサイズ100で0.865の検出力が得られます。分析者は、0.8の比を検出するのに十分な検出力を得るために、100個のサンプルを収集することにします。

検出力とサンプルサイズ

1サンプルの標準偏差の検定 帰無仮説 標準偏差=仮説値 (対立仮説 標準偏差≠仮説値) (標準偏差/仮説値)=比に対する検出力の計算 α = 0.05
結果 サンプル 比 サイズ 検出力 0.8 50 0.539065 0.8 100 0.865153

1サンプルの標準偏差の検出力曲線

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください