1サンプルtの検出力とサンプルサイズの例

ある経済学者が、家庭の月間エネルギーコストが前年の平均月間コスト200ドルから変化したかを調べようとしています。

経済学者は、1サンプルt検定のためのデータを収集する前に、検出力とサンプルサイズの計算によって、検出力90%(0.9)を得るために必要なサンプルサイズを調べます。上下方向の差が100ドル以上あれば有意と見なされ、推定標準偏差は150ドルです。

  1. 統計 > 検出力とサンプルサイズ > 1サンプルtを選択します。
  2. に「100」と入力します。
  3. 検出力に「0.9」と入力します。
  4. 標準偏差に「150」と入力します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

検出力0.9で100の差を検出する場合、26個の観測値のサンプルを収集する必要があります。これは、入手可能なサンプルサイズであるため、経済学者は、データ収集および1サンプルt検定を続行します。

検出力とサンプルサイズ

1サンプルt検定 帰無仮説 平均=0 (対立仮説 平均≠0) 平均=0+差に対する検出力の計算 α= 0.05 仮定された標準偏差= 150
結果 サンプル 目標検 差 サイズ 出力 実際の検出力 100 26 0.9 0.904254
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください