2x2交差計画の同等性検定の検出力とサンプルサイズの概要

2x2交差計画の同等性検定の検出力とサンプルサイズを用いて、2x2交差調査を用いた検定薬品と参照薬品の同等性を評価したい時に検出力、サンプルサイズ、および差の関係を確認します。

これらの計算は、次の理由で使用します。
  • 2x2交差計画の同等性検定でデータを収集する前は、計画のサンプルサイズを十分な大きさにして必要な検出力が確実に得られるようにする
  • 2x2交差計画の同等性検定の後は、次の分析の計画が改善されるようにする

たとえば、ある分析者が2x2交差分析を計画し、ジェネリック制酸剤が有名ブランドの制酸剤と同等かどうかを判定するとします。2つのグループの参加者が5日間のコースで一方の制酸剤を投与され、その後の2週間のウォッシュアウト期間に続いて、さらに5日間のコースで他方の制酸剤を投与されます。各グループには、異なる順序で制酸剤が投与されます。

分析を開始してデータを収集する前に、分析者は、検出力とサンプルサイズの計算を使用して、80%(0.8)の検出力を得るために各分析系列で必要とされる参加者の数を判断します。

この分析の場所

2x2交差計画の同等性検定で検出力とサンプルサイズの計算を実行するには、統計 > 検出力とサンプルサイズ > 同等性検定 > 2x2クロスオーバー計画を選択します。

他の分析を使用する場合

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください