クラスカル-ワリス検定の例

ある保健課の担当員が、同じ市内の3つの病院の空きベッド数を比較しようとしています。そこで、各病院の記録から無作為に11日を選び、日別の空きベッド数を入力しました。

空きベッド数の中央値が異なるかどうかを判断するため、管理者はKruskal-Wallis検定を使用します。

  1. サンプルデータ病院のベッド.MTWを開きます。
  2. 統計 > ノンパラメトリック > Kruskal-Wallisを選択します。
  3. 応答ベッドを入力します。
  4. 因子病院を入力します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

3つの病院のサンプル中央値は、16.00、31.00、17.00です。平均順位は、病院2がすべての観測値の平均順位から最も離れており、この病院は全体の中央値より順位が高いことを示しています。

どちらのp値も0.05未満です。p値は、空きベッド数の中央値が少なくとも1つの病院で異なることを示しています。

Kruskal-Wallis検定:ベッド 対 病院

記述統計量 病院 N 中央値 平均順位 Z-値 1 11 16 14.0 -1.28 2 11 31 23.3 2.65 3 11 17 13.7 -1.37 全体 33 17.0
検定 帰無仮説 H₀: すべての中央値が等しい 対立仮説 H₁: 少なくとも1つの中央値が異なっている
方法 自由度 h値 p値 同順位に対して未調整 2 7.05 0.029 同順位に対して調整済み 2 7.05 0.029
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください