2x2交差計画の同等性検定で表示する結果の選択

統計 > 同等性検定 > 2x2クロスオーバー計画 > 結果
方法

各系列の処理順序を含む方法に関する情報を表示します。

記述統計量

観測数、平均、標準偏差を含む各サンプルの記述統計量を表示します。

効果
キャリーオーバー効果、処理効果、期間効果の分析を表示します。
平均値間の比、信頼区間、同等性区間、同等性を主張できるかどうかの決定を含む比に関する情報を表示します。元のデータの対数変換を取ることで比を比較することを選択した場合、Minitabは対数変換後の平均値間の差も表示します。

このオプションは、平均値間の比に関する仮説を選択した場合のみ選択できます。

検定

仮説、各仮説の検定のp値、同等性を主張できるかどうかの決定を含む検定の結果を表示します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください