2x2交差計画の同等性検定の主要な結果の解釈

2x2交差計画の同等性検定を解釈するには、次の手順を実行します。主要な出力には、効果の推定値、そのp値、差(または比)の推定値、信頼区間、同等性プロット、その他のグラフが含まれます。

ステップ1: キャリーオーバー効果または期間効果の可能性を確認する

キャリーオーバー効果が有意な場合、最初の期間に行われた処理が2番目の期間に行われたもう一方の処理に影響を与えている可能性があることを示しています。期間効果が有意な場合、処理が行われた期間が処理応答に影響を与えている可能性があることを示しています。
重要

キャリーオーバー効果と期間効果のいずれかが統計的に有意な場合、結果がこれらの効果によって偏っている可能性があるため、同等性を評価すべきではありません。

各効果のp値を使用して、効果が統計的に有意かどうかを判定します。効果のp値がα水準(通常は0.05)より小さい場合、効果は有意です。

効果 効果 標準誤差 自由度 t値 p値 95% 同等の CI 持ち越し 0.45181 0.64988 15 0.69521 0.498 (-0.93339, 1.8370) 処理 -0.32104 0.060641 15 -5.2941 0.000 (-0.45030, -0.19179) 時期 -0.097708 0.060641 15 -1.6112 0.128 (-0.22696, 0.031546)
主要な結果: 効果のp値

この結果で、キャリーオーバー効果のp値(0.498)と期間効果のp値(0.128)はいずれも0.05より大きくなっています。したがって、これらの効果は0.05水準で有意ではありません。

ステップ2: 検定平均値と参照平均値が同等かどうかを判断する

信頼区間を同等性限界と比較します。信頼区間が同等性限界内に完全に含まれている場合、検定母集団の平均は参照母集団の平均と同等であると言うことができます。信頼区間の一部が同等性限界を外れている場合、同等であると言うことはできません。

差: 平均(ジェネリック) - 平均(ブランド) 95% 同等の 差 標準誤差 CI 同等性区間 -0.32104 0.060641 (-0.427349, 0) (-0.425035, 0.425035) 信頼区間が同等性区間内にありません。同等と結論付けられない。
主要な結果: 95%信頼区間、同等性区間

この結果で、95%信頼区間は下側同等性限界(LEL)と上側同等性限界(UEL)によって定義される同等区間に完全に含まれていません。信頼区間の下限は下側同等性限界を超えて延びています。したがって、検定平均値は参照平均値と同等であると結論付けることはできません。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください