2x2交差計画の同等性検定のグラフ

2x2交差計画の同等性検定で提供される各グラフの定義と解釈のガイドをご覧ください。

同等性プロット

等値プロットには、同等性限界、同等性の信頼区間、および同等性を主張できるかどうかについての決定が表示されます。

解釈

等値プロットを使用して、同等性検定の結果の記述統計グラフ要約を表示し、同等性を主張できるかどうかを判定します。

信頼区間を同等性限界と比較します。信頼区間が同等性限界内に完全に含まれている場合、検定母集団の平均は参照母集団の平均と同等であると言うことができます。信頼区間の一部が同等性限界を外れている場合、同等であると言うことはできません。

この結果で、95%信頼区間は下側同等性限界(LEL)と上側同等性限界(UEL)によって定義される同等区間に完全に含まれています。したがって、検定平均値は参照平均値と同等であると結論付けることができます。

サブジェクトプロファイルプロット

分析の参加者ごとに、参照処理と検定処理に対する応答を示します。この分析では各系列について1つのプロットが表示されます。

解釈

サブジェクトプロファイルプロットを使用して、検定処理と参照処理に対する各参加者の応答を調べます。

各系列のサブジェクトの応答を比較します。パターン全体が同等性検定の結果と一致していることを確認します。サブジェクトの応答に、結果全体に影響を及ぼすような他の応答との著しい不一致がある時は、そのサブジェクトを特定します。

このサブジェクトプロファイルプロットは、各被験者に有名ブランド制酸剤とジェネリック制酸剤を投与した後の胃酸(pH)を示しています。一般に、特に系列2のほとんどの被験者はジェネリック制酸剤の投与に応答してpHが低くなっています。系列1の数人の被験者は、有名ブランド制酸剤とジェネリック制酸剤を使用した場合でほとんど同じ応答でした。

期間プロット

期間プロットでは、y軸の期間2の応答に対してx軸の期間1の応答がプロットされます。各系列は異なる記号で表されます。斜線は、たとえばx = 4とy = 4のように、x値とy値が等しい場所を示します。

解釈

期間プロットを使用して、処理効果、期間効果、系列効果の証拠を探します。

次のパターンを探します。

一方の系列のほとんどの点が線より上にあり、もう一方の系列のほとんどの点が線より下にある
このパターンは、処理効果の可能性を示します。検定処理に対する応答は、参照処理に対する応答と異なります。
一方の系列のほとんどの点がグラフの左下に表示され、もう一方の系列のほとんどの点がグラフの右上に表示される
このパターンは、系列効果の可能性を示します。通常、一方の系列の応答がもう一方の系列の応答よりも高くなります。
両方の系列のほとんどの点が線の同じ側に表示される
このパターンは、期間効果の可能性を示します。通常、一方の期間の応答がもう一方の期間の応答よりも高くなります。
両方の系列の点がグラフ上でランダムに散らばっている
このパターンは、処理効果、系列効果、期間効果が存在しないことを示します。通常、応答はこれらの因子に関係なく同じになります。

この期間プロットでは、系列1のほとんどの点が線より上にあり、系列2のほとんどの点が線より下にあります。このパターンは、処理効果の可能性を示します。

期間平均値ごとの系列プロット

期間平均値ごとの系列プロットには、各系列の各期間における平均応答が示されます。

解釈

期間平均値ごとの系列プロットを使用して、各系列の各期間における参照処理と検定処理の平均応答を比較します。

この期間系列プロットにおいて、ジェネリック薬品に対する平均応答は両方の系列で低い値を示しました。この効果は、系列1よりも系列2のほうが大きいように見えます。

注意

プロットに示された平均値は、母集団全体ではなくサンプルに基づいています。いずれかの効果が統計的に有意かどうかを判定するには、効果表のp値を調べます。詳細は、2x2交差計画の同等性検定の効果を参照し、効果のp値をクリックしてください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください