比率とは、計数または度数ではなく、全体に対する相対量です。たとえば、会社で写真フィルム用の銀合金を製造するとします。合金での銀の(重さの)比率を知りたい場合は、工場で使用する1日あたりの銀の重さではなく、合金全体に対する銀の相対的な割合が関心の対象になります。合金のちょうど半分が銀であると仮定すると、銀の比率は、パーセント(50%)、小数(0.5)、または分数(1/2)として表現できます。

比率を使用すると、サイズの異なるグループを比較できます。たとえば、1日に10,000件の電話を処理するコールセンターでは、500件しか処理できない施設よりも相当多くの途中切断が記録されると考えられますが、途中切断の比率はどちらのコールセンターでも同じになる可能性があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください