Minitabで2サンプルの比率検定を実行するための方法

Minitabの2サンプルの比率検定では、仮説検定を実行して信頼区間を計算するためにデフォルトで正規近似を使用します。サンプルサイズが大きく、比率が極端に0%または100%に近くない場合は、正規近似を使用して2つの二項比率の間の差を近似できます。さらに、オプションサブダイアログボックスで検定する差を0と指定すると、MinitabではFisherの正確検定が実行されます。Minitabには、比率の併合推定値に基づいた代替の正規近似検定もあります。

少数の事象または非事象に対しては正規近似が不正確になる場合があります。いずれかのサンプルの事象または非事象が5未満の場合、注意が表示されます。Fisherの正確検定は、すべてのサンプルサイズと比率で正確です。

比率間の仮説差が0でサンプルサイズが等しい場合、比率の個別の推定値に基づいた検定の方が、比率の併合推定値に基づいた検定よりも優れています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください