Minitabで1サンプルの比率検定を実行するための方法

Minitabは、正確法を使用して二項比率に関する推定を行います。オプションをクリックし、方法の隣のドロップダウンで正規近似を選択することで、正規近似を使用することを選択できます。統計の本の多くが正規近似法を採用していますが、これは、手動で計算するときに簡単なためです。ただし、通常は正確法の方が正規近似法よりも信頼性が高くなります。

正規近似法を使用すると、p値と信頼区間で異なる結論が得られる場合があります。これは、正規近似法では検定統計量の計算で仮説確率(ρ0)を使用し、信頼区間の計算で観測された確率(推定比率)を使用するためです。こは、特にρ0と母集団比率の間に大きな差があることを示すZの値が大きい場合に、結論に差が生まれる原因となることがあります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください