Z検定とは、Z統計量に基づく仮説検定です。帰無仮説での標準正規分布に従います。

最も単純なZ検定は1サンプルZ検定で、この検定では、分散がわかっている正規分布の平均を検定します。たとえば、飴製造会社の管理者が、1袋の飴の重量平均が目標値の10オンスと等しいかどうか知りたいと考えているとします。履歴データから、袋詰め機の標準偏差は0.5オンスとわかっているので、この値を1サンプルZ検定の母標準偏差として使用します。

Z検定により、プロビット分析とロジスティック回帰における予測変数が応答に有意な影響を与えるかどうかを判断することもできます。帰無仮説では、予測変数が有意ではないと仮定します。

Z検定を使用してポアソン比検定や比率検定の正規近似を実行することも選択できます。これらの正規近似は、サンプルサイズと事象数が十分に大きい場合に有効です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください