対応のあるtで表示するグラフを選択する

統計 > 基本統計 > 対応のあるt > グラフ
差のヒストグラム
ヒストグラムを使用してデータの形状と広がりを評価します。 ヒストグラムは、サンプルサイズが20より大きい場合に最適です。
差の個別値プロット
個別値プロットを使用して、データの広がりを調べ、潜在的な外れ値を識別します。 個別値プロットは、サンプルサイズが50未満の場合に最適です。
差の箱ひげ図
箱ひげ図を使用して、データの広がりを調べ、潜在的な外れ値を識別します。 箱ひげ図は、サンプルサイズが20より大きい場合に最適です。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください