対応のあるtの概要

次の分析を行うには、対応のあるtを使用します。
  • 2つの対応のあるサンプル間の差の平均が0(または目標値)と異なるかどうかを判断します。
  • 差の母平均を含む可能性が高い値の範囲を計算します。

対応のあるt検定は、2つの異なる条件で測定された同じ項目のセット、処理を施す前と後で同じ対象に対して行われた測定の差、または同じ対象に対して行われた2つの処理の差を分析する場合に便利です。

たとえば、運動施設の管理者が対応のあるt検定を使用して、被験者のグループが8週間のプログラムを受講した後に体力が向上したかどうかを判断するとします。プログラムの受講前後で体力測定に差がある場合、管理者は信頼区間を使用して差が実質的に有意かどうかを判断できます。

この分析の場所

対応のあるt検定を実行するには、統計 > 基本統計 > 対応のあるtを選択します。

他の分析を使用する場合

独立観測値のサンプルが2つある場合は、かわりに2サンプルtを使用します。詳細は、従属サンプルと独立サンプルの違いを参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください