正規性検定の百分位ラインを指定する

統計 > 基本統計 > 正規性検定

Minitabで確率プロットに表示する百分位ラインを指定します。

百分位ラインは、適合分布線で交差する2本の線分で構成されています。1本の線分はデータスケールと交差するように描画され、もう1本の線分はパーセントスケールと交差するように描画されます。百分位ラインは、テストの得点を評価する場合によく使用されます。たとえば、第95百分位数に対応するテストの得点を知りたい場合は、95%の位置に百分位ラインを追加すると、対応するデータ値が計算されます。逆に、データ値の位置に百分位ラインを追加すると、対応するパーセントが計算されます。
  • なし: 百分位ラインを表示しません。
  • Y値で: 百分位ラインのyスケール値を入力します。0~100の値を入力します。
    第95百分位数

    第95百分位数に順位付けられた従業員の試験の得点は31.64でした。つまり、95%の従業員のテストの得点が31.64以下であるということです。

  • データ値で: 百分位ラインのデータ値を入力します。
    テストの得点27

    テストの得点27は、第70百分位数をわずかに上回っています。つまり、70%をわずかに超える従業員のテストのスコアが27以下であるということです。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください