2つの連続変数間の線形関係の方向を判断するには、共分散を使用します。

たとえば、技術者が水素含有量、気孔率、およびアルミニウム合金鋳物の強度の線形関係の方向を評価します。

共分散は相関に似ていますが、共分散を計算する場合、データは標準化されません。そのため、共分散はデータとは異なる単位で表され、−1~+1の標準化したスケールに変換されません。データが標準化されない場合、共分散統計量を使用して線形関係の強度を評価することはできません。

この分析の場所

共分散を計算するには、統計 > 基本統計 > 共分散を選択します。

他の分析を使用する場合

  • -1から+1の標準化スケールを使用して2つの変数の間の関係の強度を評価するには、相関を使用します。
  • 非線形関係があるかどうかをグラフで確認するには、散布図を作成するか、または適合線プロットを使用します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください