共分散のデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、データを収集し、分析を実行し、結果を解釈するときに、次のガイドラインを考慮してください。

サンプルデータが、連続量でなければならない
カテゴリデータがある場合、クロス集計とカイニ乗を実行して変数間の関連性を調査する必要があります。
変数間の関係は線形でなければならない
変数に非線形関係がある場合、誤った結果が出る可能性があります。非線形関係があるかどうかをグラフで確認するには、散布図または適合線プロットを使用します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください