あるアルミニウム鋳造工場のエンジニアが、アルミ合金鋳物の水素含有量と気孔率との関係を評価します。エンジニアは、14個の鋳物のランダムサンプルを収集し、各鋳物の水素含有量、気孔率、強度を測定します。

エンジニアは、ピアソン相関を使用して変数の各ペア間の線形関係の強さと方向を調べます。
  1. サンプルデータアルミニウムの特性.MTWを開きます。
  2. 統計 > 基本統計 > 相関を選択します。
  3. 変数水素 気孔率 強度を入力します。
  4. OKをクリックします。

結果を解釈する

水素含有量と気孔率のピアソン相関係数は0.625で、変数間に正の関係があることを示しています。水素が増えるにつれ、気孔率も高くなります。p値が0.017で有意水準0.05より小さくなっています。p値は相関が有意であることを示しています。

水素含有量と強度のピアソン相関係数は−0.790で、p値は0.001です。p値は有意水準0.05より小さくなっていて、これは相関が有意であることを示しています。水素含有量が増えるにつれ、強度は低くなる傾向があります。気孔率と強度の相関係数は−0.527で、p値は0.053です。p値は有意水準0.05に近く、気孔率と強度に関連があるという決定的な証拠にはなりません。サンプルには観測値が14個しかないため、エンジニアは変数間の関連をより理解するためにもっと多くのデータを収集することを決定します。

相関: 水素, 気孔率, 強度

相関 水素 気孔率 気孔率 0.625 0.017 強度 -0.790 -0.527 0.001 0.053

セルの内容: ピアソン相関 p値

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください