2サンプルの分散の概要

次の分析を行うには、2サンプルの分散を使用します。
  • 2つのグループの分散または標準偏差が異なるかどうかを判断します。
  • 2つのグループの分散または標準偏差の母集団の比を含む可能性が高い値の範囲を計算します。

たとえば、自動車メーカーの品質エンジニアが2つの異なる供給元で製造したカム軸の直径の分散を比較したいと考えています。2つの供給元の分散が異なる場合、エンジニアは信頼区間を使用して差が実質的に有意かどうかを判断します。

2サンプルの分散検定は、品質改善の状況で役に立ちます。この検定を使用して、サブグループ内の分散をサブグループ間の分散と比較できます。さらに、品質改善プログラム実施前後の工程分散の比較にも使用できます。

この分析の場所

2サンプルの分散検定を実行するには、統計 > 基本統計 > 2サンプルの分散を選択します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください