1サンプルの比率の例

マーケティングアナリストが、新製品のメール宣伝に対する回答率が全国平均と異なるかどうかを判断したいと考えています。宣伝を受け取る世帯として、1,000世帯の無作為サンプルが選択されました。サンプルとして選択された1000世帯のうち、87世帯が宣伝を受け取った後に購入しました。

アナリストは、購入した世帯の比率が全国平均の6.5%から異なるかどうかを判断するために1サンプルの比率検定を実行します。

  1. 統計 > 基本統計 > 1サンプルの比率を選択します。
  2. ドロップダウンリストから、要約データを選択します。
  3. 事象数87を入力します。
  4. 試行回数1000を入力します。
  5. 仮説検定を実行を選択します。
  6. 仮説の比率0.065を入力します。
  7. OKをクリックします。

結果を解釈する

帰無仮説では、購入する世帯の比率が0.065に等しいと仮定します。p値が0.008で有意水準0.05より小さいため、アナリストは帰無仮説を棄却します。この結果は、購入する世帯の比率が全国平均の6.5%とは異なることを示しています。

1サンプルの比率の検定および信頼区間

方法 p: 事象比率 厳密法を使用しています。
記述統計量 pに対する95%信頼区 N 事象 サンプルp 間 1000 87 0.087000 (0.070268, 0.106208)
検定 帰無仮説 H₀: p = 0.065 対立仮説 H₁: p ≠ 0.065
p値 0.008
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください