複雑度は、製品またはサービスの複雑さの程度を表したものです。複雑度が高い工程ほど機会が多くなります。25個の部品と48個のはんだ接合部をもつ回路基盤は、12個の部品と22個のはんだ接合部を持つ回路基盤よりも複雑度が高く、機会も多くなります。複雑度を正確に表すのは困難ですが、通常は簡単な計数を使用して妥当な推定値を得ることができます。この計数を機会数と呼びます。上記の最初のケースの機会計数は25 + 48 = 73で、2番目のケースは12 + 22 = 34になります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください