Six Sigma Moduleのヘルプで使用されるデータセット

Six Sigma Moduleのヘルプのレポートや例に、以下のデータセットが使用されます。

SixSigma.MTW

SixSigma.MTWは、ヘルプでの工程レポートの作成に使用されます。

あるブレーキメーカーで、自社の製造工程を調査しようとしています。メーカーはブレーキシューの硬度のデータを収集しました。

度数 説明
C1-T 14 実態データのラベル
C2-T硬さ 14 実態データ情報
C3 測定1 50 サブグループ内の最初の硬度測定値
C4 測定2 50 サブグループ内の2番目の硬度測定値
C5 測定3 50 サブグループ内の3番目の硬度測定値
C6 測定4 50 サブグループ内の4番目の硬度測定値
C7 測定5 50 サブグループ内の5番目の硬度測定値
C8 全データ 250 サブグループごとのすべての硬度測定値
C9 サブグループ 250 サブグループのID

ロールアップ.MTW

ロールアップ.MTWは、ヘルプでの製品レポートの作成に使用されます。

あるメーカーで、自社の製造工程を調査し、製品に関する基準統計量を生成しようとしています。

度数 説明
C1 欠陥 20 検出された欠陥の数
C2 単位 20 検査された単位の数
C3 機会 20 単位あたりの機会数
C4 複雑度 20 複雑度(各アセンブリに必要な要素の数)
C5 欠陥2 120 アセンブリ2で検出された欠陥数
C6 単位2 120 アセンブリ2で検査された単位数
C7 機会2 120 アセンブリ2の単位あたりの機会数
C8 シフト 120 アセンブリ2の成分のZ.Shiftの値

ブレーキ.MTW

ブレーキ.MTWは、ヘルプのGap合算の計算の例およびGap合算の割り当ての例に使用されます。

あるブレーキメーカーで、ブレーキアセンブリの各要素の許容限界を設定しようとしています。

度数 説明
C1-T要素 6 ブレーキアセンブリ内の各要素の名前
C2 平均 6 ブレーキアセンブリ内の各要素の平均
C3 方向ベクトル 6 ブレーキアセンブリ内の各要素の方向ベクトル
C4 標準偏差 6 ブレーキアセンブリ内の各要素の標準偏差
C5 複雑度 6 1つのブレーキアセンブリを生産するのに必要な各要素の数
C6 ドリフト 6 各要素の長期標準偏差と短期標準偏差の比
C7 下側 6 Gap下方規格限界
C8 上側 6 Gap上方規格限界
C9 平均の割り当て 6 各要素の平均合算の割り当て重み
C10 分散の割り当て 6 各要素の分散合算の割り当て重み
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください