生産レポートのオプションの指定

Six Sigma > 生産レポート > オプション

欠陥が存在しない場合、またはすべての機会が欠陥である場合は、機会あたりの欠陥(DPO)の上限と下限を指定します。この値は、Z.ST、DPMO、およびYTPの推定で使用します。

欠陥 = 0の場合
DPO上で次の%の上限を使用してZST、DPMO、YTPを推定する
DPOの上限のパーセントを入力します。
欠陥 = 総機会数の場合
DPO上で次の%の下限を使用してZST、DPMO、YTPを推定する
DPOの下限のパーセントを入力します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください