生産レポートのデータを入力する

Six Sigma > 生産レポート

データを入力して生産レポートを作成します。

欠陥
欠陥数を含む列を入力します。
単位
単位数を含む列を入力します。
ユニットあたりの機会

機会数を含む列を入力します。

詳細は、ユニットあたりの機会とはを参照してください。

成分

コンポーネントの名前の入った列を入力します。

名前列には、各コンポーネントに対して1行が必要です。名前を指定しない場合は、グラフウィンドウとセッションウィンドウの両方でコンポーネントに番号が付けられます。

複雑度

1つ上のレベルのコンポーネントの製造に使用される、低レベルの各コンポーネントの度数の入った列を入力します。

詳細は、複雑度とはを参照してください。

シフト係数

コンポーネントのZ.Shift値を入力します。

すべてのコンポーネントに使用する単一のZ.Shift値を指定するか、コンポーネントごとのZ.Shift値が入力されている列を指定します。たとえば、工程レポートで生成したZ.Shift値のセットが使用できます。デフォルト値は1.5です。

詳細は、σ工程能力の推定値としてのZベンチを参照してください。

基本単位数

組み立て製品の単位数を表す定数を入力します。

デフォルト値は、観測された低レベルのコンポーネントの数から製造できる高レベルのコンポーネントの数の最小値です。たとえば、51個のパッド、80個のバッキング、68個のピストン、71個のカバー、27個のキャリパー、および33個のローターが観測された場合は、デフォルトの基本単位数は25になります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください