生産レポートの各コンポーネントの製品基準の計算

AdjUi
i番目のコンポーネントの調整単位数
AdjUi = Ci * BU

複雑度が使用されない場合、AdjUi = ObsUi

AdjDi
i番目のコンポーネントの調整欠陥数

複雑度が使用されない場合、AdjDi = ObsDi

AdjTOi
i番目のコンポーネントの調整総機会数
AdjTOi = AdjUi * Oi

複雑度が使用されない場合、AdjTOi = ObsUiOi

DPOi
i番目のコンポーネントの総機会数あたりの欠陥数
0 < 欠陥数 < 総機会数の場合
欠陥数 = 0の場合、DPOiに対する100%上限に基づく数
欠陥数 = 総機会数の場合、DPOiに対する100%下限に基づく数
DPUi
i番目のコンポーネントの単位あたりの欠陥数
DPMOi
i番目のコンポーネントの100万機会あたりの欠陥数
DPMOi = DPOi * 106
Z STi
i番目のコンポーネントのベンチマークZ(短期)
Z STi = Φ-1(1 – DPOi) + シフトi
YTPi
i番目のコンポーネントのスループット歩留り
YTPi = (1 – DPOi)Oi
YRTi
i番目のコンポーネントの圧延スループット利回り
YRTi = (YTPi)Ci

複雑度が使用されない場合、YRTi = YTPi

TD
調整済み総欠陥数
TD = Σ(AdjDi)
TDPO
調整済み機会あたり総欠陥数
TDPMO
100万機会あたり総欠陥数
TDPMO = TDPO * 106
TShift
組み合わせシフト係数
ベンチマークZ
組み合わせベンチマークZ(短期)
ベンチマークZ = Φ-1(1 – TDPO) + TShift

表記

用語説明
ObsUi i番目のコンポーネントの観測単位数
Oii番目のコンポーネントの単位あたりの機会数
ObsDii番目のコンポーネントの観測欠陥数
シフトii番目のコンポーネントのシフト係数
BU 基本単位数
Cii番目のコンポーネントの複雑度
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください