生産レポートのデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、データの収集、分析の実行、および結果の解釈時には、次のガイドラインを考慮してください。

各品目または単位の欠陥数を数えることができなければならない
欠陥とは、規格からの逸脱を指します。欠陥があっても、必ずしも製品またはサービスが使用できないとは限りません。単に意図どおりに生産(または提供)されなかったことを意味します。
ローン申し込みの処理について考えてみます。いくつかの申し込み書をサンプル抽出して欠陥率を推定します。あるサンプルには不正確な項目が7つありました。つまり、この申し込み書には7つの欠陥があります。別のサンプルには不正確な項目が4つありました。つまり、この申し込み書には4つの欠陥があります。
単位の数を数えることができなければなりません。
ローン申し込みの処理について考えてみます。50の申し込み書をサンプル抽出して欠陥率を推定します。単位数は50です。
単位あたりの機会数を数えることができなければなりません。
ローン申し込みの処理について考えてみます。申し込み用紙には36個の記入項目があります。つまり、単位あたりの機会数は36です。
50の申し込み書をサンプル抽出して、18の申し込み書に少なくとも1つの欠陥があったとします。総欠陥数を数えたところ、全部で62個の欠陥がありました。単位数は50です。総機会数は1800(申込書1つあたりの機会数36 × 申し込み書数50)です。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください