工程レポートのデータを入力する

Six Sigma > 工程レポート

観測値を入力する

使用するデータに最も当てはまるオプションを選択します。

すべての観測値が1つの列にある

データがワークシートの1つの列に含まれている場合は、次の手順を実行します。
  1. ドロップダウンリストから、すべての観測値が1つの列にあるを選択します。
  2. ドロップダウンリストのボックスに、観測値を含む列を入力します。
  3. サブグループサイズに、各測定値のサブグループを識別する列を入力するか、サブグループのサイズを示す数値を入力します。 数値は、すべてのサブグループが同じサイズの場合にのみ入力してください。たとえば、すべてのサブグループに5項目の測定値が含まれている場合は、「5」と入力します。

    個々の観測値としてデータを収集した場合、サブグループのサイズは1です。

このワークシートにおいて、直径列にはピストンリングの直径の値が入力されています。サブグループID列により、各測定のサブグループが識別されます。
C1 C2
直径 サブグループID
74.030 1
74.002 1
74.019 1
73.992 1
73.995 2
73.992 2

サブグループが列をまたいでいる

ワークシートのいくつかの列をまたいでサブグループが行に整理されており、各行が1つのサブグループを表す場合は、次の手順を実行します。
  1. ドロップダウンリストから、サブグループが列をまたいでいるを選択します。
  2. ドロップダウンリストのボックスに、観測値を含む複数の列を入力します。
このワークシートでは、ワークシートの最初の行にサブグループ1のピストンリングの直径が入力されています。ワークシートの2行目には、サブグループ2の直径が入力されており、以下同様に続きます。
C1 C2 C3
観測値1 観測値2 観測値3
74.030 73.995 73.988
74.002 73.992 74.024
74.019 74.011 74.021
73.992 74.004 74.005

実態データを入力する

実態データの入力方法に最も当てはまるオプションを選択します。

工程実態データを個別に入力する

実態データサブダイアログボックスに実態データを入力します。詳細は、工程レポートの実態データを入力するを参照してください。

実態データをワークシートの列から取得する

ワークシートに実態データを入力します。
  1. ドロップダウンリストから、実態データをワークシートの列から取得するを選択します。
  2. ドロップダウンリストの下のボックスに、実態データの列を入力します。
次のワークシートに示すように、実態データを構成します。
C1には出力ラベルがあります。C2には実態データ情報があります。
C1 C2
日付 05/22/16
報告者 R.ブコウスキー
プロジェクト シューキャスト
部署 ブレーキ部門
工程 キャスティング
特性 硬さ
単位 ブリネル
上方規格限界 42
下方規格限界 38
望目特性 40
機会
データソース c:\mtbwin14\sixsigma.mtw
タイムスパン 03/01/16 - 04/30/16
データトレース Bin # 1057a-9942
ヒント

このワークシートを保存して、新しいワークシートのテンプレートとして使用できます。以降はC2の値を変えるだけになります。

規格限界を入力する

実態データサブダイアログボックスで実態データを入力する場合は、ダイアログボックスに規格限界も入力する必要があります。ワークシートの列に実態データを入力する場合は、規格限界も入力する必要があります。
工程実態データを個別に入力する
  1. ドロップダウンリストから、工程実態データを個別に入力するを選択します。
  2. 下側規格上側規格に、下方規格限界と上方規格限界を入力します。測定値が規格限界外にならない場合は、を選択します。
  3. (オプション)目標値に目標値または望目特性規格を入力します。目標には、上方規格限界と下方規格限界の間の値を指定する必要があります。
実態データをワークシートの列から取得する
  1. ドロップダウンリストから、実態データをワークシートの列から取得するを選択します。
  2. ドロップダウンリストの下のボックスに、実態データを含む列を入力します。
  3. 測定値がこの値以下にならない場合は、下側規格が下限を選択します。測定値がこの値以上にならない場合は、上側規格が上限を選択します。

1つの規格が絶対的な限界である場合、または2つの規格で両方が絶対的な限界である場合は、Z統計量や工程能力統計量は計算されません。また、すべての単位が欠陥である場合も、Z統計量は計算されません。規格や目標値が計算に与える影響については、工程レポートの短期統計量の値の中心位置の決定方法を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください