工程レポートで工程平均のシフトを特定する

工程の目標が40、下方規格限界が38、上方規格限界が42であるとします。大きさ5のサブグループ単位でデータを収集したところ、工程の中心はほぼ目標の位置にあることがわかりました(工程平均 = 40.0016、ST標準偏差 = 0.960)。

大きさ5のサブグループをさらに20追加したところ、新しいサブグループの平均は41.5にシフトしました。これはおよそ1.5σシフトです。

レポート1: エグゼクティブサマリー(1)

累積DPMOプロット(左下)は問題があることを示しています。STの累積DPMOライン(破線)は水平です。累積LT DPMOライン(実線)は安定した後、上にシフトしています。LT統計量は安定しておらず、この工程において何らかの変化があったことを示しています。工程を調べて、何が変化したかを判断します。

レポート4: 累積統計量(4)

累積統計量レポートからは次のことがわかります。
  • LT標準偏差は増加しているが、ST標準偏差には変化がない。
  • 平方和 LTの傾きは変化しているが、平方和 STには変化がない。
  • 累積平均が増加している。

このレポートの最初(上)のプロットではLT標準偏差の傾きに明白な増加が見られますが、ST標準偏差には有意な変化が見られません。このLT標準偏差の増加は明らかにサブグループ50で発生しています。

2つ目(真ん中)のプロットでは、平方和 LTの増加は同様のパターンを示していますが、サブグループ50周辺の平方和 STには同様のパターンがありません。

3つ目(下)のプロットも工程平均のシフトを示していますが、シフトがこのプロット上のどこで発生したかを判断するのは、1つ目や2つ目のプロットに比べて難しいです。

レポート5: 累積ベンチマーク(5)

累積基準レポートは、次のような工程平均のシフトがZ統計量に与える影響を示しています。
  • 工程能力の低下(工程の統計値が一方の規格限界に近づく)
  • LT標準偏差は増加しているが、ST標準偏差には変化がない。

平均が一方の規格限界に近づくように移動すると、STとLTの両方の工程能力が低下します。レポート4に見られるように、LT標準偏差が増加するとZ.LTはさらに低下します。DPMOはベンチマークZ 統計量より直接計算されます。したがって、ベンチマークZ LTの変化が大きい場合は累積LT DPMOの上向きの傾きが顕著になります。ベンチマークZ STの変化が小さい場合は、累積ST PPMの上向きの傾きは小さくなります。詳細は、工程レポートの全工程能力レポートを参照してください。

ベンチマークZ LTの方がベンチマークZ STより低下しているため、Z.Shift が増加します。これは、工程レポートは異なる工程に基づいているためです。変化前の工程と変化後の工程のどちらについて分析を行うかを決定する必要があります。決定後、その工程からのみデータを収集し、分析に戻ってください。プロジェクトの改善を検証するためにこのレポートを使用する場合は、改善前に収集されたデータは使用しないようにしてください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください