Six Sigma Moduleの概要

Six Sigma Moduleには、製品改善の評価に役立つ次の手順が用意されています。
工程レポート
連続データを持つ製品の1つの品質特性について、6種類の工程能力レポートを作成します。
生産レポート
1つの製品に関するベンチマーク統計量を生成したり、多数の製品特性の測度を統合して製品工程能力を表したり、多数の製品の測度を統合して「ビジネス工程能力」を表したりします。このツールは主に離散データ、あるいは属性データで使用しますが、離散データと連続データ両方のロールアップにも使用できます。
製造しやすさの設計
次のツールはアセンブリ全体が高い確率で規格を満たすように、アセンブリの各要素の公差を設定します。
テンプレートの作成
許容限界設定データ入力のためのワークシートを作成します。
Gap合算の計算
短期および長期のGap統計量を判定します。
Gap合算の割り当て
Gap分布に関連する平均合算および分散合算を割り当てます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください