Gap合算の計算の分散合算のオプションの指定

Six Sigma > 製造しやすさの設計 > Gap合算を計算する > オプション > 分散の合算

反復法を用いて分散合算を計算する場合に、開始値と反復回数を入力します。

分散合算の決定に反復処理を使用する場合、次を設定する
開始値
Gap分散合算を求める反復計算の開始値を指定する定数を入力します。
最大反復数
Gap分散合算を求める計算の最大反復数を指定する定数を入力します。
反復テーブルを表示する
反復表を表示するには、このオプションを選択してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください