Gap合算の計算の結果を解釈する

Z-値
長期Gap ベンチマークZ が到達点(通常は4.5)より小さい場合は、到達点に達するように平均と分散のいずれかまたは両方を変更する必要があります。この変更は、Gap合算の割り当てを使用し、Gap合算をアセンブリ内の要素に割り当てることで行われます。
Gap平均合算および分散合算
ベンチマークZ を4.5にするために、Gap合算の割り当てを使用してアセンブリGapの平均と分散をどの程度調整する必要があるかを示します。Gapの上方規格限界を入力した場合は、平均合算と分散合算の両方が計算されます。Gapの下方規格限界のみを入力した場合は、割り当てる合算は1つのみです。
短期/長期統計量。
短期統計量は、各工程の性能が完璧であると仮定した場合のアセンブリの状態を表します。このシナリオは現実を反映したものではないので、統計量の再計算が行われ、静的なシフトまたは動的なドリフトがモデルに組み込まれて、長期統計量が計算されます。
計画のベンチマークZ
計画の適切さを数値で表します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください