Gap合算の計算の概要

Gap合算の計算を使用し、短期および長期のGap統計量を決定して表示します。これは、アセンブリの潜在的な状態を評価するために使用します。

その後、計画の長期ベンチマークZが4.5となるように、算出したGap合算を割り当てます。詳細は、Gap合算の割り当ての概要を参照してください。

アセンブリGapの規格限界を基準としたそのアセンブリの位置を示す統計量が計算されます。アセンブリの規格限界が入力されていない場合は、下方規格限界が0であるとみなします。

このコマンドの場所

Gap合算を計算するにはSix Sigma > 製造しやすさの設計 > Gap合算を計算するを選択します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください