Gap合算の計算の例

ブレーキアセンブリの各要素の許容限界を設定しようとしています。

次の事柄も実行しようとしています。
  • 許容限界に関する自身の推測からの統計量と、この手順で計算された統計量を比較する
  • Gapの上方規格限界および下方規格限界を入力して、Gapの幅を制限する

許容限界の工程は2つのパートに分かれています。このトピックで説明する最初のパートでは、Gap合算の計算を使用します。このコマンドでの出力はGap合算の割り当てを使用する2番目の工程をどのように行うかを決定します。この例での2番目のパートについてはGap合算の割り当ての例を参照してください。

  1. ファイルを開きます。ブレーキ.MTW(ワークシートの説明は、Six Sigma Moduleのヘルプで使用されるデータセットを参照してください。)
  2. Six Sigma > 製造しやすさの設計 > Gap合算を計算するを選択します。
  3. 要素名要素と入力し、平均平均と入力します。
  4. 方向性ベクトルに、「方向ベクトル」と入力し、標準偏差「標準偏差」と入力します。
  5. 長期PPMに、3.397673と入力します。これはデフォルト値で、長期Gap Z = 4.5の場合に対応します。
  6. Gap仕様で、下側規格0.001を入力します。上側規格0.251を入力します。
  7. オプションをクリックします。
  8. 複雑度複雑度と入力します。
  9. 下側規格下側と入力し、上側規格上側と入力します。
  10. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

長期Gap ベンチマークZ は3.77です。ただし、アセンブリGapに対する長期PPMの目標を達成するには、値が4.5でなければなりません。

Gap合算統計の表には、Gapの平均合算と分散合算が表示されています。割り当てる平均合算はありません。これは、この例では短期Gap平均がGapの両規格限界の中点に等しいからです。このような場合、平均合算は必ず0に等しくなります。分散合算は−0.0002839で、これは長期Gap分散を0.0002839減らす必要があることを意味します。これを達成するには、分析の第2段階である割り当てを実行する必要があります。

許容限界分析: Gap合算の計算

Gap仕様 Gap合算の割り当て前 望目特性 0.126 下側規格 0.001 上側規格 0.251 必須zベンチ (LT) 4.50 長期シフト 1.50
Gapの長期/短期統計 Gap合算の割り当て前 長期 短期 平均 0.126000 0.126000 標準偏差 0.032 0.018 Z.LSL 3.94 7.09 Z.USL 3.94 7.09 zベンチ 3.77 6.99
Gap合算統計 平均の合算 0.0000000 分散の合算 -0.0002839
全計画統計量 Gap合算の割り当て前 生産高 46.91 DPU 0.756952 zベンチ 1.45

割り当て前のGap分布

割り当て前の許容範囲

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください