Gap合算の計算のデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、データの収集、分析の実行、および結果の解釈時には、次のガイドラインを考慮してください。

Gap合算を計算する際、アセンブリを構成する要素の情報と、これらの要素によってGapがどのように構成されているかを示す情報を入力します。比較のために、個々の要素の許容限界の初期推測値を組み込むこともできます。

テンプレートの作成からデータ入力用のワークシートを作成することができます。

平均
各要素には平均値が必要です。値はすべて正の数値でなければなりません。
方向ベクトル
アセンブリ内の各要素には方向ベクトルが必要です。Gapの幅に対して加算される要素には1を入力し、減算される要素には-1を入力します。
標準偏差
アセンブリ内の各要素の標準偏差です。値はすべて0以上でなければなりません。分散の合計(標準偏差の二乗)も0以上でなければなりません。

標準偏差値に欠損がある場合は、その欠損値を推定する方法を指定することができます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください