Gap合算の割り当てのGap合算の割り当て

Six Sigma > 製造しやすさの設計 > Gap合算の割り当て

Gap合算の計算の使用後は、Gap合算の割り当てを行う必要があります。

  1. ワークシートで、Gap合算の割り当て重みを含む列に入力します。

    Gapの下方規格限界のみを入力した場合は(デフォルトの分析)、平均合算と分散合算のいずれか一方が計算されますが、両方が計算されることはありません。この場合は、必要となる重みのセットは1つのみです。Gapの上方規格限界と下方規格限界の両方を入力した場合は、平均合算と分散合算が計算されます。この場合は、2つの重みセット(合算ごとに1つ)が必要になります。重みは、0から1の間でなければなりません。また、各セットの和が1になるようにする必要があります。例はSix Sigma Moduleのヘルプで使用されるデータセットを参照してください。

  2. Six Sigma > 製造しやすさの設計 > Gap合算の割り当てを選択します。
  3. 次の操作のいずれか、または両方を実行します。
    • Gap平均合算の重みの割り当てで、Gap平均の割り当て重みを含む列を入力します。
    • Gap分散合算の重みの割り当てで、Gap分散の割り当て重みを含む列に入力します。
  4. 調整済み平均を保存するには、調整平均の保存を選択します。調整済み標準偏差を保存するには、調整標準偏差を保存を選択します。
  5. OKをクリックします。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください