許容限界区間(正規分布)の仮説

Minitabでは、正規の方法とノンパラメトリック法の許容限界区間を使用できます。データが正規分布に従う場合は、ノンパラメトリック法の場合よりも正確で、一般に必要なサンプルサイズも小さくで済む、正規の方法を使用することができます。正規性検定によるp値に基づいて、正規の方法の結果を使用することができるかどうか判断できます。

正規性検定の場合、仮説は次のようになります。
  • H0: データは正規分布に従う。
  • H1: データは正規分布に従わない。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください