許容限界区間(非正規分布)の記述統計量

非正規分布の許容限界区間における記述統計量の定義と解釈について解説します。

信頼水準

ランダムな性質上、同じ母集団からの2つのサンプルにおいて同一の許容限界区間が得られるという可能性は低いと言えます。しかしサンプルをたくさん収集すれば、一定の割合で許容限界区間には指定した最小比率の母集団が含まれます。

信頼水準は、許容限界区間に最小パーセントが実際に含まれる尤度です。たとえば、ある技師は将来的な製品の99%が入る幅を98%の信頼度で知りたいと考えています。98%は許容限界区間の信頼水準です。
方法 信頼水準 98% 区間内の母集団のパーセント 99%

分析の信頼水準は、[オプション]ダイアログボックスで指定できます。Minitabでは、目標の信頼水準が[方法]表に表示されます。信頼水準は、デフォルトで95%です。ノンパラメトリック法の場合、Minitabでは、達成された信頼水準を計算します。達成された信頼水準は、Minitabで計算される正確な信頼水準です。達成された信頼水準は通常、サンプルサイズが小さすぎない限り、目標の信頼水準以上になります。

区間内の母集団のパーセント

区間内の母集団のパーセントは、許容限界区間に含めたい母集団の最小パーセントです。たとえば、あるエンジニアは将来的な製品の99%が含まれる幅を98%の信頼度で知りたいと考えています。99%は許容限界区間内の母集団のパーセントです。
方法 信頼水準 98% 区間内の母集団のパーセント 99%

N

サンプルサイズ(N)は、サンプル内の観測値の合計数です。このデータの場合、サンプルサイズは400です。
統計量 変数 N 平均 標準偏差 C1 400 0.604 3.671

平均

平均とは、すべてのサンプル値を1つの値で要約したもので、データの中心を表します。平均値は、データの平均であり、すべての観測値の和を観測値の数で割って求められます。 

このデータの場合、平均値は0.604です。
統計量 変数 N 平均 標準偏差 C1 400 0.604 3.671

標準偏差

標準偏差は、散布度、つまり平均からのデータの広がり方を表す最も一般的な測度です。

サンプルの標準偏差が大きいほど、平均周辺のより広い範囲にデータが分散していることを示し、許容限界区間はより広くなります。また標準偏差が小さいほど、平均周辺のより近い範囲にデータが分散していることを示し、許容限界区間はより狭くなります。

このデータでの標準偏差は3.671です。
統計量 変数 N 平均 標準偏差 C1 400 0.604 3.671
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください