対称性プロットの例

あるシリアルの包装ラインの責任者であるエンジニアは、箱詰め工程の特徴を把握し、サンプルデータが対称分布からのものであるかを調べようとしています。エンジニアは、100箱のシリアルの内容重量を記録します。

エンジニアが、対称性プロットを作成してデータ分布の対称性を調べるとします。

  1. サンプルデータシリアルの箱重量.MTWを開きます。
  2. 統計 > 品質ツール > 対称性プロットを選択します。
  3. 変数に、重量を入力します。
  4. OKをクリックします。

結果を解釈する

データはかなり対照的に見えます。対称性プロットの右上隅の線の下にある点に注目してください。これらの点は、ヒストグラムの右側で非常にわずかな逸脱があることを示しています。点は線から離れていないため、データの歪みは軽微です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください