ランチャートの概要

ランチャートを使用して、特別原因による変動の存在を示すデータのパターンまたはトレンドを探します。ランチャートには、工程データが収集順にプロットされます。

Minitabでは、トレンド、振動、クラスター化、および混合などの比ランダムなパターンが統計的に有意かどうかを検出するため、ランダム性検定を実行します。

この管理図では、データのほとんどが、ランダムに分布して目立ったパターンがないように見えます。ランダム性検定では、トレンドその他の非ランダムパターンのトレンドを示す統計的に有意な証拠は判明しません。

この管理図の場所

ランチャートを作成するには、統計 > 品質ツール > ランチャートを選択します。

他の分析を使用する場合

管理限界を計算して工程を監視し、管理されているかどうかを判別する場合は、ランチャートの代わりに管理図を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください