ランチャートのデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、データを収集し、分析を実行し、結果を解釈するときには、次のガイドラインを考慮してください。

データは時間準にする必要がある
ランチャートでは時間の経過に伴うパターンを検出するため、データの順序が重要になります。データは、収集された順序で入力し、最初期のデータをワークシートの最上位にする必要があります。
データは、個々の観測値またはサブグループとして収集することができる
サブグループは、評価する工程の出力を代表する類似項目の集合です。各サブグループ内の項目は、人員、装置、供給業者、環境などの同じ工程条件下で収集する必要があります。
測定値をサブグループにグループ化することが困難または不可能な場合は、個々の観測値を使用します。この状況は、測定の費用が高い、生産量が少ない、または製品のサイクル時間が長い場合に頻繁に発生します。
期待される変動範囲を表すのに十分なデータを収集する
データには、データ点を3つ以上含める必要があります。ただし、関心対象期間におけるパターンを表すために十分なデータを収集してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください