個別の分布の識別のJohnson変換を指定する

統計 > 品質ツール > 個別の分布の識別 > Johnson
Johnson変換を適用することによって正規分布に従うようにデータを変換し、変換データをワークシートに保存するかどうかを示します。Johnson変換は、非正規データに負の値(または0)が含まれているか、またはBox-Cox変換が有効ではない場合に使用します。Johnson変換関数はBox-Coxより複雑ですが、適切な変換を見つけ場合に非常に有効です。

Minitabでは、メインのダイアログボックスですべての分布と変換を使用を選択すると、Johnson変換が実行されます。

Johnson変換
最適適合を選択するp値

0と1の間の値を入力します。入力する値により、変換前後のデータの正規性検定の有意水準が定義されます。値が高いほど、正規性の基準がより厳密になります。値が低いほど、正規性の基準が厳密ではなくなります。

変換データの保存場所
単一列
変換値を保存するためのワークシートの1つの列を入力します。
サブグループを構成する列
いくつかの列に渡って行にサブグループが入っている場合は、変換値を保存するためのワークシートの列を入力します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください