個別の分布の識別のデータを入力する

統計 > 品質ツール > 個別の分布の識別.

データを入力する

使用するデータに最も当てはまるオプションを選択します。

単一列

データがワークシートの1つの列に含まれている場合は、次の手順を実行します。

  1. データの配列で、単一列を選択します。
  2. 単一列に、分析する数値データの列を入力します。
  3. サブグループサイズに、各測定値のサブグループを識別する列を入力するか、サブグループのサイズを示す数値を入力します。 同じサイズのサブグループの数値を入力してください。たとえば、各サブグループに5項目の測定値が含まれている場合は、「5」と入力します。サブグループなしで時間経過に沿ってデータを収集する場合、サブグループ1を使用します。サブグループIDの列を入力する場合、サブグループのサイズは同じである必要はありません。

    各サブグループ内の観測値は、ワークシートの隣接する行内に入力されている必要があります。列を使用してサブグループを定義する方法についての詳細は、サブグループを使用した工程能力の評価を参照してください。

このワークシートにおいて、直径列にはピストンリングの直径の値が入力されています。サブグループID列により、各測定のサブグループが識別されます。
C1 C2
直径 サブグループID
74.030 1
74.002 1
74.019 1
73.992 1
73.995 2
73.992 2

サブグループを構成する列

ワークシートのいくつかの列をまたいでサブグループが行に整理されており、各行が1つのサブグループを表す場合は、次の手順を実行します。

このオプションを使用してデータを入力する場合は、すべてのサブグループが同じサイズになっている必要があります。サブグループが行ごとに整理されていてサイズが異なる場合は、必要に応じてワークシートのセルに欠損値記号「*」を入力してすべてのサブグループのサイズを同じにすることができます。

  1. データの配列で、サブグループを構成する列を選択します。
  2. サブグループを構成する列に、分析する数値データの列を入力します。
このワークシートでは、ワークシートの最初の行にサブグループ1のピストンリングの直径が入力されています。ワークシートの2行目には、サブグループ2の直径が入力されており、以下同様に続きます。
C1 C2 C3
観測値1 観測値2 観測値3
74.030 73.995 73.988
74.002 73.992 74.024
74.019 74.011 74.021
73.992 74.004 74.005

分布と変換を指定する

分析に含める分布と変換を指定します。
  • すべての分布と変換を使用: データを14種類のパラメトリック分布すべてに適合させ、2つの変換を適用します。
  • 分布を指定: データに適合させる1~4種類の分布または変換を指定します。
この分析で使用されるワイブル分布およびその他の分布の詳細は、ワイブル分布が非正規工程能力分析のデフォルトの分布である理由を参照してください。この分析で使用される変換の詳細は、工程能力分析のデータ変換を参照してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください