計数ゲージ分析とは

計数ゲージ分析は、属性測定システムの偏りおよび繰り返し性を検査する分析です。

たとえば、100%の最終製品検査を実行する自動検査ゲージがあるとします。このゲージが正確かつ繰り返し可能であることが重要です。これを調べるため、正常な動作範囲から8個の部品を選択します。分析する部品それぞれに、対応する参照値があります。ゲージに対して各部品を20回測定し、合格または不合格の回数を記録し、偏りと繰り返し性を評価します。

この分析を行う場合、選択する部品に関しては厳格な要件があります。詳細は、『Measurement Systems Analysis Reference Manual』1を参照してください。

計数ゲージ分析(分析法)は、検査者間の一致を調べる方法である属性の一致性分析とは異なります。

1 Automotive Industry Action Group (AIAG) (2010). Measurement Systems Analysis Reference Manual, 4th edition. Chrysler, Ford, General Motors Supplier Quality Requirements Task Force
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください