計数ゲージ分析のAIAG法のデータ要件

AIAGのMSAマニュアル1に記載されている方法では、データ収集に次のような厳格な要件があります。
  • 各部品に既知の参照値がある。
  • ほぼ等間隔の参照値がある部品を最低8個用意する。
  • 最小値と最大値が工程範囲を表す。
  • 各部品をゲージでm=20回測定する。
  • 最も小さな部品の許容数が0、最も大きな部品の許容数が20、残りの部品の許容数は1以上19以下である。

下側公差限界を指定する場合は、最も小さな参照値の部品の許容数が0で、最も大きな参照値の部品の許容数は可能な最大数であることが必要です。下側限界の場合、参照値が増加するにつれて、許容数が増加します。上側公差限界を指定する場合は、最も小さな参照値の部品の許容数が可能な最大数で、最も大きな参照値の部品の許容数は0であることが必要です。上側限界の場合、参照値が増加するにつれて、許容数が減少します。

1 Automotive Industry Action Group (AIAG) (2010). Measurement Systems Analysis Reference Manual, 4th edition. Chrysler, Ford, General Motors Supplier Quality Requirements Task Force
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください