ゲージR&R分析の分散成分とは

分散成分とは

分散成分では、測定誤差の各要因による変動量と部品間変動による変動量が評価されます。個々の分散成分の合計が、全体の変動量になります。

基準変動とは

ゲージR&Rでは、基準変動は測定システムに起因する、部品間の差による変動量のことです。基準変動は、各変動要因の標準偏差の6倍として計算します。

Minitabでは%基準変動も計算するため、全変動に対する各成分の寄与度を比較できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください