破壊試験とは

破壊検査とは、検査対象の部品を損傷または破壊する検査です。破壊検査では部品が変化したり破壊されるため、反復は不可能です。たとえば、自動車衝突試験は、試験により車両が破壊され再度試験をすることができなくなるため、破壊試験です。

反対に非破壊検査は部品を損傷しません。したがって、非破壊検査では、測定者が同じ部品の測定を繰り返すことができます。

破壊検査を使用する場合の交差、枝分かれ、拡張分析の選択

ゲージR&R分析中に破壊試験を行うときは、同じバッチ内のすべての部品が、同一であると断言できるほど一致していなければなりません。この条件が満たされていないと、バッチ内の部品間にある変動によって、測定システムの変動の一部が隠れてしまいます。

部品が同一であると仮定できるときは、破壊試験に交差分析と枝分かれ分析のどちらを採用するかは、測定処理によって決まります。すべての測定者が各バッチから部品を測定する場合は、交差分析または拡張分析を使用します。各バッチを測定する測定者が1人だけの場合は、枝分かれ分析または拡張分析を使用します。測定者たちによって測定される部品が重複しないとき、その計画は枝分かれ計画と言うことができます。

測定者と部品の他に別の因子を含める必要がある場合、固定因子がある場合、交差因子と枝分かれ因子の混合の場合、またはアンバランス型計画を使用する場合は、拡張分析を使用する必要があります。

交差、枝分かれ、および拡張分析因子に関する詳細は「ゲージR&R分析とは」を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください